竿 ZENAQ PLAISIR Answer PA-90 Jaw Breaker

財産を自分の直系血族に相続させたい。

課題・背景

遠赤外線パネルヒーター Rosso EJ-CA018

SLIK PRO 700 DX Ⅲ 雲台 SH-807 大型3段三脚 美品

  • 長男夫妻はすでに40代半ばに差し掛かり、今後も子どもは望めそうにない。
  • 次男には二人の子どもがいるので、将来的には次男の長男(孫)に資産を承継させたい。
  • 遺言により、財産の承継先を指定できるのは一代限り。長男の妻が誰に財産を継承するかを、Uさんが法的に縛ることはできない。

アイザック様専用クロムハーツ ブレスレット インボイス有現状

4色12個セット ハイパーマット グリーン レッド ブラック ホワイト 80枚入このまま対処しなかった場合

家族信託を使った解決方法

目的 先祖代々の不動産を次世代に引き継がせたい
委託者 父親(Uさん)
受託者 サンルミエ エクセラ
受益者 父親【設定時】→第2受益者 長男→第3受益者 長男妻→第4受益者 次男の長男
信託財産 自宅/収益不動産3棟/現金5,000万円

Uさんは、長男夫妻に相続する不動産を、家族信託を使ってゆくゆくは次男の家系に遺していくことを選びました。現在は元気なUさんですが、将来もし認知症になってしまっても、この信託契約により、代々引き継いできた資産を直系血族に引き継いでいくことができます。

TOUGH 80GB  Type Aメモリー CEA-G80T

大人気新作 ルイヴィトン iPhone12 12PRO ケース iPhone用ケース

KEISO Runsback C83MH

Uさんのような資産家ではなくても、こうした問題は一般家庭にも十分起こり得ます。財産の承継について「○○には遺したいが、○○には遺したくない」など希望が明確にあるのであれば、家族信託を検討してみてください。

© Copyright 2017 家族信託と相続 All rights reserved.

家族信託を検討中なら、無料セミナーにいらっしゃいませんか?
家族信託を検討中なら、
無料セミナーにいらっしゃいませんか?
べりすと様専用 le coq sportif ルコック防風サイクルジャージ
☆大人気☆Alexander Wang トートバッグ