【ちゃむ様専用】salvatore Ferragamo 名刺入れ カードケース

財産を自分の直系血族に相続させたい。

課題・背景

大塚製薬 インナーシグナル リジュブネイト ワン 50g

タミヤ クラットバスター LEDライト プロポ/デカール付き

  • 長男夫妻はすでに40代半ばに差し掛かり、今後も子どもは望めそうにない。
  • 次男には二人の子どもがいるので、将来的には次男の長男(孫)に資産を承継させたい。
  • 遺言により、財産の承継先を指定できるのは一代限り。長男の妻が誰に財産を継承するかを、Uさんが法的に縛ることはできない。

Supreme®/Jules Pansu Pillows現状

chammy様専用このまま対処しなかった場合

家族信託を使った解決方法

目的 先祖代々の不動産を次世代に引き継がせたい
委託者 父親(Uさん)
受託者 CROSO ROMAローファー ホワイト36 ファビオルスコーニ好きにも
受益者 父親【設定時】→第2受益者 長男→第3受益者 長男妻→第4受益者 次男の長男
信託財産 自宅/収益不動産3棟/現金5,000万円

Uさんは、長男夫妻に相続する不動産を、家族信託を使ってゆくゆくは次男の家系に遺していくことを選びました。現在は元気なUさんですが、将来もし認知症になってしまっても、この信託契約により、代々引き継いできた資産を直系血族に引き継いでいくことができます。

ニトリ/2人用合皮ソファ(Nシールド ステイン2KD DBR)

【新品本物】 Wtaps Grizzly Jacket その他

sacai コード刺繍のセーター

Uさんのような資産家ではなくても、こうした問題は一般家庭にも十分起こり得ます。財産の承継について「○○には遺したいが、○○には遺したくない」など希望が明確にあるのであれば、家族信託を検討してみてください。

© Copyright 2017 家族信託と相続 All rights reserved.

家族信託を検討中なら、無料セミナーにいらっしゃいませんか?

運営:株式会社日本財託

家族信託を検討中なら、
無料セミナーにいらっしゃいませんか?
MIESROHE ミースロエ シャギーベスト ホワイト 新品
ノースフェイス ロンT 長袖Tシャツ 海外XL 日本XXL相当 ネイビー 新品