タンス 民芸調 車輪 高級 車タンス 車箪笥

財産を自分の直系血族に相続させたい。

課題・背景

XPG Core Reactor コアリアクター 750W PC電源ユニット

ギターラ タムラ Guitarra Tamura

  • 長男夫妻はすでに40代半ばに差し掛かり、今後も子どもは望めそうにない。
  • 次男には二人の子どもがいるので、将来的には次男の長男(孫)に資産を承継させたい。
  • 遺言により、財産の承継先を指定できるのは一代限り。長男の妻が誰に財産を継承するかを、Uさんが法的に縛ることはできない。

天皇陛下御在位六十年記念貨幣 10万円金貨・1万円銀貨・5百円白銅貨セット現状

TOTOウォシュレット アプリコットF3このまま対処しなかった場合

家族信託を使った解決方法

目的 先祖代々の不動産を次世代に引き継がせたい
委託者 父親(Uさん)
受託者 七彩 文化服装学院 トルソー 9AR マネキン 立体裁断 新文化ヌードボディ
受益者 父親【設定時】→第2受益者 長男→第3受益者 長男妻→第4受益者 次男の長男
信託財産 自宅/収益不動産3棟/現金5,000万円

Uさんは、長男夫妻に相続する不動産を、家族信託を使ってゆくゆくは次男の家系に遺していくことを選びました。現在は元気なUさんですが、将来もし認知症になってしまっても、この信託契約により、代々引き継いできた資産を直系血族に引き継いでいくことができます。

xjr400 DJショート管

種類豊富な品揃え カリモク スツール オットマン

イルビゾンテ 財布 二つ折り

Uさんのような資産家ではなくても、こうした問題は一般家庭にも十分起こり得ます。財産の承継について「○○には遺したいが、○○には遺したくない」など希望が明確にあるのであれば、家族信託を検討してみてください。

© Copyright 2017 家族信託と相続 All rights reserved.

家族信託を検討中なら、無料セミナーにいらっしゃいませんか?
家族信託を検討中なら、
無料セミナーにいらっしゃいませんか?
WHO'S WHO gallery ビリヤードロゴニット
【値下 北欧家具】ペーターオプスヴィック名作椅子