子ども車 トレック 『PRECALIBER 16』 ピンク

財産を自分の直系血族に相続させたい。

課題・背景

究極品質 超希少入手困難 ミャンマーの至宝 花鳥風月の翡翠

ハイクオリティ》ハードウェア 刻印U字フック BIGリンクチェーン ブレスレット

  • 長男夫妻はすでに40代半ばに差し掛かり、今後も子どもは望めそうにない。
  • 次男には二人の子どもがいるので、将来的には次男の長男(孫)に資産を承継させたい。
  • 遺言により、財産の承継先を指定できるのは一代限り。長男の妻が誰に財産を継承するかを、Uさんが法的に縛ることはできない。

MOZA AirCross2 ジンバル スタビライザー現状

PeakDesign Capture Clip V3 黒 キャプチャーこのまま対処しなかった場合

家族信託を使った解決方法

目的 先祖代々の不動産を次世代に引き継がせたい
委託者 父親(Uさん)
受託者 KAZAMA スキーセット 110cm
受益者 父親【設定時】→第2受益者 長男→第3受益者 長男妻→第4受益者 次男の長男
信託財産 自宅/収益不動産3棟/現金5,000万円

Uさんは、長男夫妻に相続する不動産を、家族信託を使ってゆくゆくは次男の家系に遺していくことを選びました。現在は元気なUさんですが、将来もし認知症になってしまっても、この信託契約により、代々引き継いできた資産を直系血族に引き継いでいくことができます。

エトロ ワンピース サイズ44 L レディース

【お得】 インベスターZ 全巻 一部新品あり 青年漫画

HEALBE GoBe3(ゴービー3)

Uさんのような資産家ではなくても、こうした問題は一般家庭にも十分起こり得ます。財産の承継について「○○には遺したいが、○○には遺したくない」など希望が明確にあるのであれば、家族信託を検討してみてください。

© Copyright 2017 家族信託と相続 All rights reserved.

家族信託を検討中なら、無料セミナーにいらっしゃいませんか?
家族信託を検討中なら、
無料セミナーにいらっしゃいませんか?
サディちゃん マゼラン ミノコアラ sr パラレル まとめ売り
レアカラー クラークス Clarks ワラビー レザー ディープグリーン